May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ふるいフィラメント電球との出逢いがありました

 

 

 

先日行った横浜にある日本郵船博物館に展示保存されていました。

 

製造元のマークが 「マツダ」。

 

えっ! あの自動車メーカーの?

 

箱を見ると東京芝浦電気の文字が。

 

東芝製だったんですね。

 

そう、だった。

 

 

〜東芝のホームページより〜

 

 

当時の主力製品である白熱電球"マツダランプ"の"マツダ"をモチーフにしたマークを使用。

この"マツダ"(Mazda)とは、ゾロアスター教の主神で光の神でもある「アウラ・マズダ」に由来する。

 

 

東芝、白熱電球の生産終了 120年の歴史に幕  〜 日本経済新聞記事

2010/3/17

 東芝の照明子会社、東芝ライテックは17日、同日付で一般白熱電球の製造を終えると発表した。白熱電球は東芝の前身の白熱舎が1890年に日本で初めて製造に乗り出した「発祥事業」の1つだが、エネルギー効率が良い発光ダイオード(LED)電球や電球型蛍光ランプに軸足を移しており、120年の歴史に幕を下ろす。

 最近は鹿沼工場(栃木県鹿沼市)の1ラインで生産していた。10人弱の従業員は蛍光管なども生産する同工場内で配置転換する。国内販売も現在流通している分で最後となる。海外生産も2月末までに終えた。ハロゲンランプなど代替技術が確立していない特殊な白熱電球の生産は続ける。

 東芝グループは白熱電球を累計で40億7000万個製造。ピークの1973年には7800万個を国内で生産したが、09年には約10分の1の700万個まで減少している。

 

 

 

 

でも、ホームセンターや100円ショップでもまだ店頭に並んでいます。

 

調べてみました。

 

国内でまだ生産を続けているところ
・イエス株式会社
・旭光電機工業株式会社
・舶用電球株式会社
・メトロ電気工業株式会社    等

 

船舶用とか工業用の特殊な仕様のもの、無くせないものは作り続けていますね。

 

100円ショップで売ってるのは多分中国製でしょうか。

 

 

 

そもそも、白熱電球が誕生したのは19世紀のこと。

 

諸説あるものの、1879年にアメリカのエジソンによって生まれたという説が有力だそうです。

 

白熱電球は、電球の内部にある「フィラメント」という線状の部分に電気が通り、その抵抗で熱と光が生み出される構造になっていて

 

基本的な仕組みは今のも変わっていないんです。 すごい人ですね、エジソン!

 

エジソンは白熱電球の寿命を長持ちさせるために、フィラメントの素材として日本の「竹」を取り入れて改良した話は有名です。

 

特に、京都府八幡市の石清水八幡宮に生えている竹を好んで採用したそうです。 すごいぞ日本の竹!!

 

 

でも、もう政府方針で大手メーカーには製造販売の中止を求めてしまった。

 

 

 

がっかり、エジソンと竹。。。

 

 

 

 

 

pagetop