July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

山に灯るあかり、作りはじめます。

 

「 山に灯るあかり 」

 

これを今年の夏の展示会テーマとモティーフに決めました。

 

自分を信州に住まわせたもの、それこそ上高地の聖霊な山々の風景と雪山のスキー場でした。

 

春には山からの贈り物、山菜。  秋にはキノコ。

 

四季折々の息を呑むほどの風景。

 

昨年は海の日に展示会を開催することと、ふるいあかり作品を暗がりで見た人が

 

深海に浮かぶクラゲのよう、と言った一言で 「 海に浮かぶあかり 」 をテーマにしました。

 

今年も海の日に同じ場所に帰り着くので、

 

海から川をさかのぼって、信州に帰り着いてぽっと灯り始める灯りを描きたいと思いました。

 

自分が信州に暮らして35年。

 

自分なりに感じ得る山とふるいあかりの 「 写 心 絵 」。

 

この一点もまさにクラゲの灯りからの山に灯るあかりへ。

 

さて、あちこちに山に灯るあかりを求めてカメラと自分の目と身体で採取に駆け回ります。

 

今年の7月海の日の3連休に会場でお待ちしています。

pagetop